ハッピースイングシステムトレード研究所

各種トレンド系、オシレーター系の指標をバックテストソフトであるイザナミで徹底的に検証し、株式投資(スイングトレード)を完全攻略していこうと言う趣旨のブログです。

日経平均のトレンドの変化

このページでは、日経平均の推移を画像を掲載する事で、
分析したいと思います。

まずは、2001年〜2009年10月15日までの推移。



次に1年ごとに分解して、細かな推移を分析

まずは、2001年


5月のGW後に天井をつけ、
9月中旬に底、
1年で見ると、40%の下落

2002年


5月のGW後に天井をつけ、
12月中旬にまで下落を続ける、
1年で見ると、30%の下落

2003年


4月下旬のGW前に底をつけ、
10月中旬に天井をつける
1年で見ると20%の上昇

2004年


4月下旬のGW前に天井をつけ、
GWに信じられないほどの下落(2週間で20%)
その後高値を切り下げながら、軟調に推移。
12月に切り返す
1年で見ると、もみ合い。

2005年


4月下旬のGWに底をつけ、
そこからキレイな上昇。
10月中旬に押し目
1年で見ると50%の上昇
通称「猿でも買えば勝てる相場」

2006年


4月下旬に天井をつけ、
6月まで1ヶ月で急速な下落(30%の下落)
6月中旬から上昇開始
9月中旬、11月中旬に押し目、以後上昇
1年で見ると、上下10%程度のもみあい

2007年


2月下旬に天井(ライブドア事件後の村上ショック)
持ち直すが、7月下旬に(サブプライム問題)
1ヶ月で30%下落。その後半値戻しで10月に再度下落。
1年で見ると30%の下落。

2008年


前年の流れを引きずる格好。
3月に一旦底をつけ、上昇基調に入ったかと思うも
6月に天井で、緩やかな下落へ。
9月13日に魔のリーマンショック。
1ヶ月で市場空前の50%の下落。
20%自立反発するも、そのままもみあい。
1年で見ると40%の下落。

2009年


リーマンショックの余波が続き
3月まで軟調な展開。20%の下落。
オバマ政権誕生で、3月から上昇基調へ。
7月に一旦押し目も上昇継続。

〜総括〜
下落・・・2001年、2007年、2008年、
もみ合い・・・2002年、2004年、2006年、
上昇・・・2003年、2005年、2009年


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら